婦人とプレゼント

オリジナル性のある出産内祝いを送るとき|通販サービスの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるマナー

アレンジメントフラワー

住宅の形はさまざまにありますが、自分の持ち家となるマイホームを建てたときには喜びが大きいものです。日本人の多くが、マイホームを建てた際には喜びを分かち合おうということで住宅のお披露目を行ないます。住宅のお披露目の際には、お呼ばれされた家族や親戚、友人達が主役となるファミリー達に新築祝いを手渡すことでしょう。新築祝いによく選ばれている胡蝶蘭は寿命が長いことで知られていて、建物の安全な状態が長期的に続きますようにという気持ちを込めることが可能です。胡蝶蘭の他にも、家事を連想するギフトが人気を増していて、新生活にふさわしい新品の家電や調理器具が選ばれていることでしょう。それらのギフトのお返しとして、主役となるファミリーは新築内祝いを手渡すことがマナーとされています。新築内祝いとなるギフトを通販サイトで購入することも可能ですが、手渡せる距離にいるなら直接対面しながら手渡すことが大切です。よっぽどの遠方に住んでいない限り、宅配サービスで新築内祝いを送ることは失礼だとされています。

新築内祝いとなるギフトは、相手から頂いた新築祝いよりも高級なものを避けるようにしましょう。あまりにも高級な品を選ぶと、「私はさらに高いものを購入できる」と嫌味な印象を与えかねないからです。また、あまりにも手渡すタイミングが遅くなるのもマナー違反になるので、ギフトを頂いてから約1~2ヶ月をめどに備えましょう。どんなに身近な家族であっても、きちんとした贈答品故にのし袋の貼り付けと挨拶状となるメッセージカードは必須です。